株式会社神明ホールディングス

社長あいさつ

日本の農業を活性化させたい!
そのために、改めて「日本のお米の素晴らしさ・美味しさ」
を広めていく。

神明ホールディングスのホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
神明ホールディングスは、米穀の卸売業を中心に青果物、水産品、外食分野等の多種多様な事業展開を行うことで『食のバリューチェーン構築』を目指している企業です。

当社は明治35年に創業、昭和25年に『神戸精米株式会社』として設立、以来100年以上にわたり、常に米穀業界の波に乗り、時代の変化にあわせた商品やサービスを提供することで成長してまいりました。
昨今では米穀卸売業だけでなく、回転寿司やおにぎり専門店などの外食事業、さらに、無菌パック米飯事業やデリカ事業など世間や時代のニーズにあわせた商品開発等を行うことで、お米の消費拡大に向けて取り組んでいます。

また、海外においては、米国・アジア圏に拠点を設け、日本産米輸出の拡大、レストラン事業など、「和食文化」と共に新たな市場開拓に取り組むだけでなく、お米以外にも青果物、水産加工品、無菌パック米飯、乾麺、小麦粉など、みなさまの食卓に並ぶものを支えるべく、グループ一丸となって活動しております。

さらに、日本の水田、文化を守るために、生産者のサポートや"儲かる農業"の実現に向け、デジタルアグリ事業やスマート農業等を活用することで未来の担い手である若い世代が夢をもって飛び込める農業の世界づくりにも取り組んでいます。
このような取り組みの背景には、経営理念である『私たちはお米を通じて、素晴らしい日本の水田、文化を守り、おいしさと幸せを創造して、人々の明るい食生活に貢献します』を実現したいという想いがあります。日本の文化、農業、水田を守ることは業界を長年にわたって率いてきた神明グループの役割であり、使命であるとも考えています。

農業を取り巻く環境は厳しく、また人々のライフスタイルや時代の流れに対応することは容易なことではありません。しかし、当社は過去にもあらゆる変化に立ち向かい、その度に成長し続けて参りました。今後も日本の農業、人々の生活のために成長する気持ちを持ち続け「神明があってよかった」と思って頂けるよう邁進してまいります。

代表取締役社長

藤尾益雄プロフィール

  • 1965年6月:生まれ(兵庫県出身)
  • 1989年3月:神明入社
  • 2000年6月:同社常務取締役就任
  • 2003年6月:同社専務取締役就任
  • 2007年6月:同社代表取締役社長就任(現任)

PAGE TOP