株式会社神明ホールディングス

神明グループについて

神明グループは、生産地や農業の支援活動、お米、加工食品の販売網、物流網の拡大など日本の食文化と農業の未来のためにさらなる挑戦に取り組んでいます。

Food Value Chain

神明グループは食卓を守る存在。
産地から食卓を繋ぐ食のバリューチェーン
人々が欲する食卓の創造
「神明があってよかった」と
思ってもらえる企業になる。
皆様の食卓に並ぶ食材を支え続けます。

生産地・農業支援

農業を支える企業になる

神明グループは、元来、卸売り企業として成長し続けてきた歴史があることから、長年にわたって培った全国有力生産地との強固な信頼関係があります。
日本の農業が解決すべき課題、耕作放棄地の増加、就農人口の減少、米消費率の低下、自給率の低下、輸入(外国産)の食材増加、天災。
神明グループは、一丸となって課題解決に邁進します。

スマート農業、
デジタルアグリの推進

「家業」だった農業を、「企業」にする。

ビジネスができる生産者を育てたい。
かっこわるい・きつい・稼げないなどのイメージからの脱却。
かっこいい農業・稼げる農業を目標に新たな仕組みづくりを行っています。
若い世代が夢を持って飛び込める農業を目指します。

全国ならびに
海外拠点で展開

精米拠点およびその他加工食品の製造拠点が全国各地にある。

グループ内の取扱品目は、多岐にわたり、米、青果、水産、デリカ惣菜、乾麺、その他加工食品。品質保証の国際規格の取得や製造ラインでは厳しい検査を重ね、高品質な安定した製品作りを目指しています。
グループの連携を生かし、販売網は全国を網羅。
海外への輸出にも積極的に取り組み、マーケットインの発想で日本食文化と共に海外での需要を創造しています。
和食の原材料のすべては、日本で調達ができるようにグループの製造・物流網を強化しています。

グループの総合力で
さらなる挑戦へ

川上から川下までを手掛ける企業

食の多様化により選択肢が増え、ライフスタイルは大幅に変わりました。
世界人口の増加の一方で、日本国内では自給率がどんどん低下し、輸入に頼っています。
神明グループは「川上から川下までを手掛ける企業」
食のバリューチェーンを構築し「神明があってよかった」と思ってもらえる企業を目指し、皆様の食卓に並ぶ食材を支え続けます。

PAGE TOP